日本における医療保険制度の状況

医療

日本における医療保険制度の状況

医療の進化は日進月歩となっています。
生活水準の向上などと相俟って、日本においては平均寿命が伸びています。
この状況の背景には、国民皆保険制度の下、医療費における自己負担が少ないまま、高水準の医療を受けることができます。
一方で、この高水準の医療を維持する保険制度に関しては財源的な問題があることも事実です。
平均寿命が伸びていることに伴い、保険制度の適用を受けて、高水準の医療の提供を受ける人が増えています。
一方で、少子化が進行していますので、保険制度を支える人口が減っています。
このため、医療費における自己負担分の割合が増えています。
かつては、被保険者は1割負担、被扶養者は3割負担でよかったところが、現在は被保険者であっても3割負担となっています。
個人の側でも、民間の医療保険に加入し、万一の事態に備えるケースも増加しています。
入院や通院など一定の要件に応じて保険金を受け取ることができます。
自助努力も必要な時代となっています。