医療関係者ではない一般人が出来る医療とは

医療

医療関係者ではない一般人が出来る医療とは

医療とは、人間の健康の維持、回復、促進などを目的とした諸活動について用いられる意味であります。
医療は医者などが患者に対して行なうものと思っている方が多いと思います。
お金があればいい対応を受けられ、もちろん最先端でいい治療を受けることができます。
一般人が出来ることとしては患者に寄り添い、技術がなくても自分を助ける意味も込めて手助けを行うことができます。
自分を助ける意味も込めて、優しい言葉をかけるということ。
それは自分自身にかける言葉でもあります。
患者さんのつらい人生に最大限の同情を行う。
それは自分自身の人生に示している同情だということです。
家族の悲しみを理解し、気持ちを理解することで、自分を理解することに繋がってきます。
自分の人生を大切に生きていきたいのならまずは他人の人生を大切にすることです。
自分の人生を他人に理解してほしいのであればまず自分が他人に理解を示すのが大切です。
それが一般人が出来る医療です。