人口が減り続ける日本で医療制度に問題はないのか

医療

人口が減り続ける日本で医療制度に問題はないのか

超が付くほどの高齢化社会に入っているのが、日本の国です。
2015年には、人口の4分の1が65歳以上になってしまい、赤ちゃんを含めた中の若者3人で、1人の高齢者を支えることになってしまいました。
このままで行くと、先々にとても恐ろしい現象が待っているような気もして来ます。
老人福祉など、キチンとした行政が行うことが可能なのか、心配する人も出て来ても、不思議なことではありません。
そしてその暮らしの中でも、多くの人は医療や介護と言った、身体や心のケアもお願いする必要が出て来ることになります。
医療保険がしっかりしている日本ですが、介護の場合は被保険者になることが出来るのが40歳以上となっています。
もし、これから40歳台でこの介護保険を利用する人が増えることになると、医療保険制度の改革もありえるかも知れません。
人口が少なくなることで、保険や医療制度に破綻を来たす可能性も出て来ることになると、将来の日本の制度はどこかで改革をしないと、無理が生じるのも、時間の問題ではないでしょうか。

自分のペースに合わせて学べる環境です
少人数制ですし、居残りで自主学習もできるので便利です。

両親予定者を親身にサポートする東京のミラクルエンジェルスです​
代理出産を希望する親御様にわかりやすいご説明を行っております

新生児の方も診察できます
生後すぐの病にかからないように診察させていただきます

落ち着いた雰囲気で過ごせる昭和クラブ
古き良き昭和の雰囲気を演出しており、利用者様が落ち着ける居心地の良い施設となっています。

患者様のニーズに合った時期に治療を行えます
胚凍結を行うことができるため、患者様の体調などのタイミングに合わせて胚の移植を行うことができます。

最新記事